Archive for 2014年1月

男性に好印象を与える女性の服装、身だしなみ

水曜日, 1月 29th, 2014

「お見合いパーティーに行くことになったけど、どうしたら最初からいい印象を持ってもらえるのかわからない」と悩んでいるあなた、実は男性に好印象を与えるには話題や顔だちだけでなく、服装が大きく関係しているのです。
ここでは、どのような服装をすれば男性にいい印象を持ってもらえるのかについて書いていこうと思います。
男性に好かれる服装としてよく挙げられるのがワンピースですが、これはやはり間違いないといえるでしょう。
特に清楚な雰囲気をかもし出せる白色かパステルカラー、柄も大きなものより小さい花のものなどのほうがよいです。
素材もシフォンなど柔らかな素材を使ったほうが男性受けはよいようです。

ワンピースでもわかるように、男性はパンツよりスカートのほうが好きです。丈は短すぎると嫌がる人もいるため、ひざ丈かひざよりちょっと上くらいのものにしておきましょう。
男性はちょっと肌が見えているのが好きです。冬でもデコルテが見えるようなニットを選ぶなど、少し肌を見せるようにしましょう。
胸の谷間が見えたり、完全にノースリーブのものだと評価が分かれますので、見せるのは鎖骨、ノースリーブより短い半そでくらいにおさえましょう。
アクセサリーがあると華やかさがプラスされますが、多すぎると派手すぎる印象を与え、男性は倦厭しがちです。
できるだけシンプルに、そして男性は揺れるものに目を奪われますので、長いピアスなどを選ぶと注目を浴びられるでしょう。
メイクやネイルについては派手派手しいのは控えましょう。できるだけ清楚に、シンプルなほうが男性には好かれやすいです。

同様にブランド志向が強すぎると男性は金銭感覚が違いすぎると嫌がりますので、多用しすぎるのはやめましょう。
ヒールはあったほうが足が長く美しく見えますが、高すぎるヒールは男性が嫌がるようです。
ヒールを選ぶにしても思ったより低めにおさえるようにし、歩くときにあまりにもヒールの音を立てるのはやめるようにしましょう。
網タイツについても男性が好きだろうと考えている人がいますが、好みが分かれやすいです。
どちらかというと清楚なほうが男性の一般受けはいいといわれます。
最初に出会うところでは控えめに、仲良くなるにつれて網タイツを取り入れるくらいがいいと思います。

女性に好印象を与える男性の服装、身だしなみ

日曜日, 1月 26th, 2014

男性は女性に比べてファッションに無頓着な人が多いといわれます。
でも、お見合いパーティーに参加するのならファッションには気をつけなければいけませんよね。
顔立ちが好みでも、服装のセンスが悪いと付き合う意欲をなくすという女性の意見も多く聞かれます。
女性に好印象を与える服装とはどのようなものなのでしょうか。

お見合いパーティーに気合を入れて個性的なファッションを着ていき大失敗した男性は多いといいます。
おしゃれな男性が女性に好かれるのは確かですが、ダサいと思われるかどうかは紙一重です。
こだわりもあるかもしれませんが、個性的なものよりもシンプルにダサくないもの、似合っている服装をするのが大事だといえるでしょう。
色合いでいうならカラフルな洋服を多用するのはやめること。
カラフルな色のものを重ねるのはかなり上級のテクニックなので、入れるとしたら1点に絞りましょう。
モノクロのトーンのものははずしにくいといえるでしょう。
格好としてはジャケットとジーンズといったシンプルなものだと誰にでも好印象を持ってもらえると思います。
あまりごてごてさせず、シンプルにまとめるのがよいと思います。

ほかの人との違いを出すのなら、ストールなどを巻いたり、帽子をプラスするとよいでしょう。
1品だけかわいらしい小物をつけると、女性が「かわいい」といって話題が広がることもあると思います。
アクセサリーを使っているとおしゃれに見えるのではと思われるかもしれませんが、じゃらじゃらとつけたり金色のネックレスは女性は嫌がります。
かばんはリュックがすきという人もいるでしょうが、オタクっぽい印象をもたれやすいので、メッセンジャーバッグに変えたり注意してみましょう。
男性の露出は女性が嫌がることが多いです。
特に夏になるとカジュアルにタンクトップを着たり、短パンを着たくなりますが、無駄毛を見ただけで気持ちがなえる女性もいます。
Tシャツとおしゃれなハーフパンツ程度に抑えたほうがよいでしょう。
会社勤めをしている男性にお勧めなのはスーツです。
女性はスーツを着た男性に惹かれるもの。考えあぐねて私服を着ていくより、スーツで向かうとよいでしょう。
このときはちゃんとアイロンのきいたYシャツを着ること。そして、太目のスーツより細めですっきりした印象のスーツだとよいでしょう。

これだけはダメ!NGな話題集

木曜日, 1月 23rd, 2014

お見合いパーティーで失敗をした経験がある人も多いのではないでしょうか。
絶対にしてはいけない話題を出してしまって後悔してしまう人も少なくはありません。
あの時あの話題をふらなければ良かった。
そんな衝動にかられる人も多く存在するのです。
会話は楽しくもありますが、時として大きな問題を生むこともあります。
だからこそこれだけはダメだという話題をあらかじめリストアップしておくことで、危険を回避することができます。

例としては、失恋の話題です。
お見合いパーティーですから、パートナーがいない人が対象になります。
ついつい最近の話題を話していくと、無意識に失恋の話が口から出ることも少なくはないのです。
さかのぼってみると、付き合っていた楽しい時間の末、失恋がくるわけです。
その後のお見合いパーティーですから、実は過去を振り返っていくと、当然失恋が新しい記憶として待ち構えているということが言えます。
ここは意識して、失恋の話はしないという意識を持っておかないと、意中の相手が離れていってしまうことにもなりかねないのです。
悲しい話やつらい話は可能な限り控える必要があるということも言えます。
悲観的になりがちな人に楽しいパーティーは不似合いです。

パーティーという場にそぐわしい話題という視点で考えれば、明るい話題が必要であることは、みんながわかっていることなのです。
単純に自分がしたい話題を振りまいていてばかりいると、自然と孤立してしまうことにもなりかねないのです。
だからこそ、不幸な話は絶対にタブーになります。
意外とタブーとされている話題の一つに、仕事の話があります。
当然、休日を利用しての参加になりますので、仕事のことを忘れたいという人も少なくはないのです。
そのため、休みの日まで仕事の話を嫌がる人もいることを覚えていかなくてはなりません。
そして、お金を狙っているかのような印象を与えてしまうこともあるのです。
お見合いパーティーですから、金銭面が気になるところです。
しかし、積極的な金銭面での話題づくりはマイナスしか生みません。
気になってしまうのであれば、自然な話題づくりをしていく必要があるのです。
とはいえデリケートな部分でもありますので、少しでも金銭面の話題提供をした地点でアウトの場合も少なくはないということです。

話題に困った時に使える!会話が弾む話題集

月曜日, 1月 20th, 2014

お見合いパーティーでうまく理想の人といい関係を築きあげるためには、会話をしていく必要があります。
話さなければなにも始まらないので、小さなことからでも質問をしてみてください。
質問をすれば回答は引き出すことができるので、そこで会話が始まるのです。
緊張して話すことができない人も少なくはありません。
だからこそ質問形式にすることを意識するだけで、自然と会話ははずみ、緊張も次第に溶けていくのです。
緊張が解けてくれば、さぁ会話術が必要になってきます。
導入を質問で切り開いたのであれば、そこから会話を弾ませる必要があります。
その際に有効な話題があります。

よく話題にして盛り上がる話題というのが、あるある集です。
学校あるあるが一番のおすすめで、青春時代のあるあるを話していけば、当時の恋愛の思い出話なども出てきます。
お互いの恋愛観をそこで確かめるいい機会にもなってくるというわけです。
恋愛あるあるでなく、学校あるあるから恋愛の話につなげるメリットとしては、初恋の思い出や熱い恋愛に関するイメージをしやすくなることがあげられます。
なんとなく恋愛がなぁなぁになってしまうのが、社会人にありがちなパターンです。
学生時代は恋する自分に恋していた人も多かったのではないでしょうか?
そんな恋愛を振り返っていくことで、楽しい会話が生まれ、ただの会話ではなく、恋愛感情を伴う会話が可能になってくるのです。
恋愛の話だけでなく、それに付随する話題を意識することで、会話が弾むだけでなく、恋愛にもつなげることができます。

たとえば、部活の話や、休日の過ごし方などがあげられます。
楽しい話題というのは、難しいニュースの話や、宗教の話ではありません。
可能な限り楽しい話題をピックアップすることが弾む話題を生んでくれるのです。
休日や部活というのは、本人が選んでやっていることですので、楽しい話題が多く存在します。
また、共通の話題を探ることも効果が大きいです。
自分が好きなことはもちろん、相手も好きなことであれば、よりその効果を発揮することができるのです。
話題というのは簡単そうで難しいことです。
一番大切なのは、お互いが楽しい話題をすることではないのでしょうか。

男性に好印象を与える女性の話し方、しぐさ

金曜日, 1月 17th, 2014

男性というのは、とても単純で、好印象を与えやすい生き物であるということが言えます。
それだけ女性は多くの武器がありますので、その武器を惜しみなく使用することで、お見合いパーティーでも活躍することができます。
意中の男性をおとすためにも、男性に好印象を与えることができるしぐさや話し方をしっかり理解しておく必要があります。
好印象というと恋愛感情を伴わないケースも少なくはないので、ここでは、大人な視点での好印象、恋愛感情も伴うものとします。
お見合いパーティーですから、年代としても結婚を視野に入れた30代前後が多いです。

近年、お見合いパーティーというと、比較的若い年齢の人の参加も多くはなってきます。
イメージとしては合コンに近いパーティーになります。
そこに結婚という目標があるかどうかが大きな違いにはなってきます。
単純に甘え上手であったり、女性らしさ満点のしぐさをしたからといって好印象を与えられるかというと少し意味あいが変わってくるというわけです。
どうしても、女性は、一方的に話してしまいがちなので、話を聞くことがとても大切です。
相槌の打ち方は非常に重要になってきます。

そのため、そういった点で話し方を意識していく必要があるというわけです。
また、しぐさについても少し大人びたところが必要になってきます。
細かいところに目配りをしておけば、飲み物の補充にいったり、ティッシュやタオルを携帯しておくことでポイントアップする場面が出てきたりします。
パーティーになりますので、食事を交流のイベントにするものが多いです。
食事をあやまってこぼしてしまう男性がいたら、すかさずケアに入ることで、好印象を与えることができます。
そういった意味では、世話好きな姿勢を見せていくことで、より効果的に印象をよくすることができます。
男性の印象と違い、好印象の効果は個人差が大きくなります。
男性同士で女性の批評をすることはほとんどありません。
そのため、男性一人一人の好き嫌いを判別する必要がでてくるというわけです。
理想の男性がどんな女性が好みかを考えることで、その女性を演じることができれば、もうその男性はあなたのとりこになると言っても過言ではないというわけです。

異業種交流パーティーとはどういうパーティーですか?

火曜日, 1月 14th, 2014

異業種交流パーティーというのは最近よく聞く言葉です。
異業種交流会という呼び名では以前から参加していた方もいるかと思います。

まず異業種交流というのはその名の通り異なった業種の方たちとの交流です。
それは男性と女性の出会いの場として使われていたものではなく、人脈を広げるということを目的として異業種交流会というものがありました。
人脈を広げることで仕事に大きなプラスとなりお互いに成果を上げることができるというものです。

そして新たに登場した異業種交流パーティーは、現在、婚活の場としても徐々に人気を広げています。
ただし、婚活にだけ目的を絞ったものではなくやはり最も大きな役割としては人脈作りです。
参加者の職業がさまざまあることで質の高いコミュニケーションが期待できるというものです。
そしてビジネスに関する出会いだけではなく、プライベートな出会いも十分に期待ができるものであり、お見合いパーティー会社や結婚相談所などでもこの異業種交流パーティーは開催されるところが増えてきています。
社会人として働くために、必要なことの中に人脈というのは外せません。
情報交換の場としても役立っているほか、同性同士での友人作りにも大きな期待ができるのです。
プロフィールカードというよりは、名刺交換が多くなりますが、その名刺交換によって自然に会話が生まれるというのは社会人であれば経験があるはずです。
多種多様な職業の方がいるものだということに驚くことでしょう。
自分が聞いたことのないような職業の方もいるかもしれません。
そうなると自然に興味がわき、相手のことを知る機会にもなりますがもちろんビジネス面でも大きな広がりがあるでしょう。

異業種交流パーティーの流れはお見合いパーティーとあまり変わりがありませんので気軽に参加することができるでしょう。
プロフィールカードの記入を行い、異性との1対1での会話が短時間ずつあります。
その後はやはりフリータイムがありますが特徴としてはカップリング発表などはない傾向にあります。
それはやはりプライベートだけを考えたお見合いパーティーとは違う点です。

もっとも大きな違いといえば既婚者の参加もあるということでしょう。
婚活が目的のパーティーではなく、人脈を広げるためのビジネスパーティーと考えたほうがよいでしょう。

お見合いパーティーに参加するデメリットってなんですか?

土曜日, 1月 11th, 2014

趣味や出かける先があまり無い人は、会社で過ごす時間が長いのでなかなか良い出会いがありませんよね。
そのような人は、結婚相談所やお見合いパーティーに参加するのが異性と出会うための近道です。

実際に婚活の一環として見合いパーティーに参加してる人は非常に多くいます。

しかし、お見合いパーティーにも色々な形式があるのです。
通常は、男性の方が会費を多く払い、女性は比較的安い会費で参加することができます。中には無料というパーティーもあります。
そのような形式の場合、女性が安い分男性が多めに費用を払っているケースなので、男性の会費は少し割高な設定になっています。

また、稀に逆のパターンもあります。
例えば、男性が年収1000万円以上の人や医者や弁護士限定というようなパーティーの場合です。
やはり経済力がある男性は人気ですので、男女ともに会費が高めの設定になっている事もあります。
会費が高くても人が集まるほど、人気のパーティーということでしょう。

お見合いパーティーに参加する最大のメリットは、
少ない時間で沢山の異性と交流できるというところでしょう。
レギュラーパーティーでは20人前後、プチお見合いや合コンでも5~10人の異性と出会うことができます。

また、近頃はバスツアーやスポーツ、ゲームなどのエンタメ系と、パーティーのバラエティも豊かになっていて、
遊び感覚で異性と出会う事が可能です。より自然な形で楽しみながら婚活を進められますよね。

お見合いパーティーに参加するデメリットはまさに、費用の問題が一番に挙げられると思います。

自分にとって良い内容のパーティーばかりに参加していると毎月の費用がかさみます。

参加費は一回3000円くらいですが、男性となるともっと設定金額が高く、4~5000円くらいかかります。
そのため気になるパーティーにどれも参加することは難しく自分が気になるパーティーだけに絞って参加することになります。

パーティーは、色々なお見合い専用の会社が色々な会場を借りて、割りと頻繁に開催されます。
そのため全てに参加していては、お金がどれほどあっても足りることがありません。

自分の気になるパーティーだけを選択して、参加するという一種の判断能力と、いつまで続くかわからない費用の問題と両方に直面しているので、早く結婚したいけど、相手が見つからないというプレッシャーもじわじわと味わうことになるので精神的にも懐にも負担がかかってきます。