Archive for 2014年2月

年下男性へのアプローチ術

木曜日, 2月 13th, 2014

お見合いパーティーでの、年下の男性へアプローチする場合は、基本的に待つ姿勢でいることがコツです。
相手は、年上の女性ということを意識していますから、最初は遠慮し、恥ずかしがる傾向にあります。
だからといって、女性がリードし、引っ張っていかなければならないのかと思うのは、ちょっと待ってください。
男性は基本的に、自分から女性を追いかけたいという本能を持っているといわれています。
実際に、そう公言している男性は数多くいます。それは、年下の男性にも当てはまることなのです。
アプローチしたい男性へ、初めは、大人の女性の魅力をアピールしましょう。

たとえば、落ち着いていて、優しくて、気配りがきちんとできる、などです。
服装は、シンプルでちょっと色気のある、それでいて清楚なタイプがいいでしょう。
明るいのは良いのですが、あまり喋り過ぎるのはよくありません。
あくまで、落ち着きのある女性をアピールしましょう。

そして、もっと仲良くなりたい、相手の趣味や共通の話題を見つけて、それについてもっと知りたい、教えて欲しい、という軽い誘い言葉をやんわりと伝えたら、あとは待つ姿勢が良いです。相手の男性が、興味を持ってくれれば、向こうから近づいてきてくれます。
もし来てくれなければ、残念ながらその年下男性は諦めましょう。こちらからガツガツと追いかけても、嫌われる可能性大です。
もし、相手の年下男性が、年上の女性が大好きという人ならば、そんなに大人の女性をあえてアピールしなくても大丈夫です。
なぜならば、大人の女性というだけで、すでに相手にとってあなたはタイプの人であるからです。
年上の女性が好きな男性は、落ち着きある大人の女性の中に存在する、少女のような可愛さが好きという人が多いので、おとなしく大人ぶるよりは、可愛い雰囲気を出せるように、ちょっとはしゃいだり、恥ずかしがったりしてみてください。
わざとらしくない、さりげないぶりっこも良いアピール効果があります。
おすすめメイクのポイントは、健康的に見せるために、オレンジピンクのチークを頬の高めの位置に、500円玉大の小さな円を描くように軽くつけてください。
口紅も、オレンジかピンク系がベストです。

年上男性へのアプローチ術

月曜日, 2月 10th, 2014

お見合いパーティーで、年上の男性へ良いアプローチをするコツは、見た目は若々しくし、中身はしっかりとしているという点をアピールすることです。
具体的にはどのようにしたらよいかというと、まずは、見た目の部分についてご説明します。
見た目とは、外見ですね。

外見は、第一印象を決定付けますから、重要なアピール点です。
もし、自分が相手の男性より年下であろうと、第一印象が老けた印象ならば、年下女性としての扱いが受けられなくなる可能性もあります。
ですから、しっかりと、若さを外見でアピールしましょう化粧はね。
ただし、一般的な若さをアピールするには、年齢も考慮する必要があります。
一般的に、外見で若さをアピールしていいのは、個人差もありますが、35歳まででしょう。

35歳以上の人は、落ち着きのある大人の外見を目指しましょう。
髪の毛は、黒色か、茶色、または明るい茶色が望ましいです。
明るすぎて、金色に近い髪色はタブーです。
逆に老けてしまうか、ヤンキーだと思われてしまいます。
黒色にするならば、化粧は決して濃くせず、ピンク系のメイクでまとめてください。
茶色や明るい茶色の場合は、オレンジ系のメイクがベストです。
そしてどちらも、アイラインとマスカラで、目元をパッチリさせましょう。
服装については、幼すぎるのはNGです。
年相応より3~5歳若めのファッションを参考にしてください。
基準は23歳で、それ以下の若さは幼すぎてしまいます。
中身、つまり内面についてですが、しっかりしているところをアピールします。
具体的には、将来についてきちんと考えている、自立して生活している、親と一緒に暮らしている場合は、炊事を担当している(つまり日頃から料理をしている)、資格取得に向けて勉強をしている、などが挙げられます。
将来についてきちんと考えていることは、最も重要です。
お見合いパーティーでは、結婚を視野に入れてお付き合いしたい人が多数いますから、何歳頃結婚したいのか、子供は欲しいのか、結婚後の仕事についてどう考えているのか、お互いの親の面倒は誰が見るのか、同居する必要があるのか、などについて考えをまとめておくことは、非常に大切です。
また、しっかり考えている姿勢をアピールすることが、年上男性には良いアプローチです。

年下女性へのアプローチ術

金曜日, 2月 7th, 2014

お見合いパーティーで、年下の女性へアプローチするコツは、落ち着きのある雰囲気と、優しさと、物腰の柔らかさをアピールすることです。
まず、落ち着きのある雰囲気は、女性にとってかなり好印象です。
特に、年下の女性に対しては、効果が大きいアピール方法です。
早口で喋る、そわそわする、慌てている素振りなどは、しないように注意しましょう。

そして、こちらから質問したら、基本的に聞き役にまわります。
しっかりと目を見て相槌をこまめにしましょう。
逆にこちらが質問された場合は、手短に、要点を押さえた返答をして、会話が途切れないようにこちらから話題をふりましょう。
自分の話が長くなってしまうと、女性は退屈してしまいます。
また、話題については、話がアレコレ飛んでしまうと、落ち着きがないような印象を与えてしまうので、気を付けてください。
1つの話題について、2つ~3つの質問を使って掘り下げるくらいが丁度良いです。
相手が優しさは、どのようにアピールすれば良いかというと、相手に対して、できる範囲で気遣いをしてあげてください。
たとえば、気温が寒くないか、暑くないか、喉が乾いていないか、お腹は空いていないか、訪ねてあげましょう。
寒いと言った場合、店舗内であるならば、スタッフに、寒がっている人がいることを伝え、空調の温度を調節してもらいす。
このように、気遣いをした後は、実際に相手のためになることを考え、行動に移すことが大事です。

これで、あなたなりの優しさがアピールできることでしょう。
物腰の柔らかさについては、急にできるものではありませんので、日頃から意識して、人と接するようにしましょう。
まず、言葉遣いは、基本的に丁寧語で、打ち解けてきたら、馴れ馴れしくならない程度に友達口調を使いましょう。
次に、身のこなし方についてです。背筋はピンと伸ばし、顎を上げないよう、少し引きます。
顎を引きすぎると、声が通らなくなり、相手が聞き取りづらくなってしまうので、加減してください。
手をポケットには決して入れないでください。
がに股の人は、足が外側を向かないよう気を付けましょう。ズボンは、細過ぎるとがに股が目立ちますので、避けるのが無難です。

年上女性へのアプローチ術

火曜日, 2月 4th, 2014

お見合いパーティーで、年上の女性にアプローチするコツは、笑顔と、包容力があることをアピールすることです。
まず、笑顔ですが、お見合いパーティーなど、人が集まる場では、誰もが緊張してしまい、笑顔が減ってしまいがちです。
意識して、常に笑顔でいられるよう努力しましょう。

そうすると、無理をして笑顔を作り、引きつった笑顔になってしまう人がいますが、無理はしなくて結構です。
引きつった笑顔にならぬよう、普段から、鏡の前で笑顔の練習をしておきましょう。
笑顔の練習なんて、ナルシストみたいで恥ずかしい、と思われるかもしれませんが、自分の魅力を引き出すためには、重要なことなのです。
ピンとこない人は、次のことを想像してみてくたさい。

自分の前に、2人の人間が立っているとします。男性、女性どちらでもいいです。
1人は、ニコニコと笑顔で立っています。
もう1人は、難しい顔をして立っています。
今から、どちらかに、自己紹介をしなければならないとしたら、どちらの人を選びますか?
多くの人は、ニコニコと笑顔の人を選ぶことでしょう。
このことからわかるように、人から選ばれるためには、ニコニコと笑顔でいることが、大切なのです。

次は、包容力についてご説明します。
一般的に包容力とは、相手の失敗や欠点などを含め、色々なことを受け止められる心の広さのことを意味しています。
ですから、心を広く持つということを意識して行動しましょう。
お見合いパーティーの当日だけ心を広くしておくのもおかしな話ですし、後でボロが出てしまいますので、自分なりに、許せる範囲を広くしたり、許せない点についてどうしたら許せるようになるのかを、考えたりすることが必要です。
そして、実際にパーティーで年上の女性と接する際に、相手のちょっとした失敗などがあれば、気にすることなく、励ましてあげるなどのフォローができればOKです。
そして、接している年上の女性だけに限らず、お見合いパーティーの主催側のスタッフ、周りの人などにも、心の広さを意識して、接するのがベストです。
小さなことで腹を立てたり、機嫌が悪くなってしまうような性格は、年上の女性には特に子供っぽく見られてしまい、良い印象を与えないので注意しましょう。

NGな服装ランキング(男性・女性)

土曜日, 2月 1st, 2014

お見合いパーティーに行くのなら、第一印象はとても大事です。
お見合いパーティーで最初から悪い印象をもたれないよう、異性にNGと思われてしまう服装をランキング形式でチェックしておきましょう。
まずは女性に嫌われる男性の服装編です。

第1位は「清潔感がない服装」となりました。
シミや汚れが付いた洋服を着てきているなんて論外ですが、Yシャツにアイロンがかかっていないといったことだって女性はチェックしてます。
第2位は「チャラチャラした服装」となりました。
光沢のあるシャツにネックレスや指輪、ピアスをして長めの茶髪といった感じだと、ホストと歩いてるとも思われかねません。
もう少し落ち着いた服装を心がけたほうがよいでしょう。
第3位は「サイズが合わない服装」となりました。ダボダボのTシャツに大きいジーンズを腰履きというのはあまり女性に好かれません。
また、逆に細身なのにそれを強調するようなぴったりしたパンツやシャツを着るのも嫌がられることがありますので注意しましょう。
第4位は「オタクっぽい服装」です。
たとえば、TシャツをズボンにINしている、チェックのシャツにリュックをしょっているなどだと、オタクっぽいと思われがちです。
チェックのシャツやリュックを使いたい場合には、おしゃれな小物を使ってみるなど気遣いがあるとよいでしょう。
第5位は「ブランドばかりの服装」です。
確かに安っぽい服装でお見合いパーティーに行くのは気が引けるかもしれませんが、ブランドばかりの服装よりは、ここぞという1点に絞るなど、いやらしくない見せ方がいいですね。

次は男性に嫌われる女性の服装編です。
第1位は「男っぽい服装」となりました。パンツルックが悪いわけではありませんが、ちょっと肩が見えるセクシーなニットや女性らしいフォルムのブラウスを合わせるなどして女性らしさも見せるとよいでしょう。
第2位は「派手すぎる服装」です。
服の色合いだけでなく、ネイルがゴテゴテしすぎているのは不評です。
網タイツを嫌がる男性も多いので、初対面では特に注意しましょう。
第3位は「露出が多い服装」です。
露出が多すぎるのは評価が分かれます。
胸元や太ももを見せるのも効果的であることがありますが、見せすぎるよりはある程度恥じらいを持った方がよいでしょう。
第4位は「似合わない服装」です。
年齢の割りに若作りしすぎ、ぽっちゃりしているのに大きなおなかがはっきり見て取れるような白いトップスを着ていたりするのは男性に好かれないといえるでしょう。
そして第5位は「ブランドばかりの服装」が入りました。男女同様、ブランド物ばかりで固めた服装をしていると異性には好かれにくいです。
男性はブランドばかりの女性を見ると金銭感覚が会わないことを予想して付き合うことにためらいを持ちがちです。注意しましょう。