1月 3rd, 2013 5:56 PM

24,5歳で結婚ラッシュが起こった時、私はまだ余裕を持っていました。
仕事が楽しくなってきた頃だし、やりたいことも沢山あったからです。
私は結婚なんかに縛られたくないと思っていました。
結婚したら旦那さんという他人と生活を共にしなければならないし、子どもが生まれたら最低でも18年間は縛られます。
子どもが大学進学したり増えたりしたらもっとですよ!
若い時にしか出来ないことは絶対にあると思い、27,8歳で結婚するのが理想かなと思っていました。

当時、私には彼氏がいました。
彼氏もそんなに結婚願望がありませんでした。
私と同じように「もう少し遊んでいたいよな」と言っていたくらいで、せいぜいあと2年くらいはこの付き合いが続くのだろうと思っていました。

あれは私が26歳の時です。
彼氏に突然「別れてくれ」と言われました。
青天の霹靂でした。
彼氏が浮気していた感じもないし、そう言われるまではいつもと変わらない付き合いが続いていました。
でも、「これ以上付き合っていても成長しなさそうだから」という彼なりの理由で振られてしまいました。
その翌年、彼氏はなんと私の後輩と結婚したのです。

深く傷つきましたね。
全く知らない女性ならまだしも、私がよく知る人物ですよ!
しかも、ダブっていないのです。
私と別れてから半年くらい後に付き合い始め、さっさと結婚に至ったのです。
私たちは5年も付き合っていたのに、何がいけなかったの?
それから、私は仕事一筋になってしまいました。

気付いたら、29歳になっていました。
悲しいことに、この年齢も結婚ラッシュなのです。
未婚だった友達が次々に結婚していき、さすがの私も気持ちだけは焦りました。
今のうちに相手を見付けておかないと、30歳を過ぎたら本当に結婚する意欲がなくなってしまうのではないかと思いました。

最初の結婚ラッシュの時は縛られたくないと思っていましたが、結婚をしたくなかった訳ではありません。
いずれするものだからと高を括っていたし、彼氏と結婚するものだと思っていましたからね。

焦っても何もいいことはないのですが、私には婚活しかないと思いました。
これといった出会いもなかったので、自ら出会いを求めていかないと幸せは掴めないと思いました。
こうして始まったのが婚活の下調べです。
出来るだけ無駄な時間を省くために、婚活ではどういう女性が成婚しやすいのだろうかと下調べをしました。
単なる恋愛とは違いますから、男性も結婚に見合う女性を探しているはずですからね。
とにかく譲れないものを信念に持ちつつ、婚活をスタートさせてみました。

Comments are closed.