1月 17th, 2014 4:54 PM

男性というのは、とても単純で、好印象を与えやすい生き物であるということが言えます。
それだけ女性は多くの武器がありますので、その武器を惜しみなく使用することで、お見合いパーティーでも活躍することができます。
意中の男性をおとすためにも、男性に好印象を与えることができるしぐさや話し方をしっかり理解しておく必要があります。
好印象というと恋愛感情を伴わないケースも少なくはないので、ここでは、大人な視点での好印象、恋愛感情も伴うものとします。
お見合いパーティーですから、年代としても結婚を視野に入れた30代前後が多いです。

近年、お見合いパーティーというと、比較的若い年齢の人の参加も多くはなってきます。
イメージとしては合コンに近いパーティーになります。
そこに結婚という目標があるかどうかが大きな違いにはなってきます。
単純に甘え上手であったり、女性らしさ満点のしぐさをしたからといって好印象を与えられるかというと少し意味あいが変わってくるというわけです。
どうしても、女性は、一方的に話してしまいがちなので、話を聞くことがとても大切です。
相槌の打ち方は非常に重要になってきます。

そのため、そういった点で話し方を意識していく必要があるというわけです。
また、しぐさについても少し大人びたところが必要になってきます。
細かいところに目配りをしておけば、飲み物の補充にいったり、ティッシュやタオルを携帯しておくことでポイントアップする場面が出てきたりします。
パーティーになりますので、食事を交流のイベントにするものが多いです。
食事をあやまってこぼしてしまう男性がいたら、すかさずケアに入ることで、好印象を与えることができます。
そういった意味では、世話好きな姿勢を見せていくことで、より効果的に印象をよくすることができます。
男性の印象と違い、好印象の効果は個人差が大きくなります。
男性同士で女性の批評をすることはほとんどありません。
そのため、男性一人一人の好き嫌いを判別する必要がでてくるというわけです。
理想の男性がどんな女性が好みかを考えることで、その女性を演じることができれば、もうその男性はあなたのとりこになると言っても過言ではないというわけです。

Comments are closed.