2月 7th, 2014 4:57 PM

お見合いパーティーで、年下の女性へアプローチするコツは、落ち着きのある雰囲気と、優しさと、物腰の柔らかさをアピールすることです。
まず、落ち着きのある雰囲気は、女性にとってかなり好印象です。
特に、年下の女性に対しては、効果が大きいアピール方法です。
早口で喋る、そわそわする、慌てている素振りなどは、しないように注意しましょう。

そして、こちらから質問したら、基本的に聞き役にまわります。
しっかりと目を見て相槌をこまめにしましょう。
逆にこちらが質問された場合は、手短に、要点を押さえた返答をして、会話が途切れないようにこちらから話題をふりましょう。
自分の話が長くなってしまうと、女性は退屈してしまいます。
また、話題については、話がアレコレ飛んでしまうと、落ち着きがないような印象を与えてしまうので、気を付けてください。
1つの話題について、2つ~3つの質問を使って掘り下げるくらいが丁度良いです。
相手が優しさは、どのようにアピールすれば良いかというと、相手に対して、できる範囲で気遣いをしてあげてください。
たとえば、気温が寒くないか、暑くないか、喉が乾いていないか、お腹は空いていないか、訪ねてあげましょう。
寒いと言った場合、店舗内であるならば、スタッフに、寒がっている人がいることを伝え、空調の温度を調節してもらいす。
このように、気遣いをした後は、実際に相手のためになることを考え、行動に移すことが大事です。

これで、あなたなりの優しさがアピールできることでしょう。
物腰の柔らかさについては、急にできるものではありませんので、日頃から意識して、人と接するようにしましょう。
まず、言葉遣いは、基本的に丁寧語で、打ち解けてきたら、馴れ馴れしくならない程度に友達口調を使いましょう。
次に、身のこなし方についてです。背筋はピンと伸ばし、顎を上げないよう、少し引きます。
顎を引きすぎると、声が通らなくなり、相手が聞き取りづらくなってしまうので、加減してください。
手をポケットには決して入れないでください。
がに股の人は、足が外側を向かないよう気を付けましょう。ズボンは、細過ぎるとがに股が目立ちますので、避けるのが無難です。

Comments are closed.